自我療法受診していく中で、大きな愛の中にいるような不思議な感覚を得たこともありました。一気 に休が熱くなるような不思議な経験もしました。

先祖や親への感謝の思いも湧きがやってきました。私の場合は特に親への恨みなどはなかったのですが、 よりハッキリと、「ありがたい」という感謝の気持ちが出てきたのです。自分のことをじっく壽える時間 を持つことで、忘れていたことを、色々思い出したり、今になって気づくことが出てきたりするんですね。SIXVになり、入院をしたのですが小児柄凍が空いていなくて、重い】SIXVの方がい る成人病陳に入院しました。同室の人や隣室の人が亡くなる状況を見て、自分が「良い子にしてないとお前 も死んじゃぅょ」と私に言ったことがぁりました。その時は怖かったけど、母は、私の子のための脅しとしてそんなことを言つたわけじやない。大事なを失いたくない気持ちで言つたんだと、本当 の愛感じることができました。忙しかった父も、出さなぃけど私のことをぃっも具寸ってくれて いる。そんなことが分かるようになりました。

もうひとつ、私にとってキ—ヮードになったのが、「認める」ということです。グル—プセッションを受 診した際のヮークで一緒になった人と話をしていて、「本当?それはすごいですね」と言われ たことがきっかけで、自分を認めることができるようになったのです。

それまでは特に感じがなかったですし、私は、常に自分で自分にダメ出ししていました。私を 否定していたのは表だけではなく、私自身でもあったのです。何をしていてもまだ足りない、まだ足りな いと思っていましたし、今までは檢み上げるという自心しかなく、「こんなにやったのにどうして」と思っ ていたのですが、「ちよっとはできてるならいいじゃん」と思えるようになりました。

仕事やプライベートでパソコンをよく使用する人はマウス症候群になりやすいです。マウス症候群の治療は難しいですが、ウス症候群の予防方法はなんですか?